• このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業診断士の役割

■幅広い活躍の場がある中小企業診断士
中小企業診断士とは、中小企業の経営問題を専門的な観点から洗い出し、経営者に的確なアドバイスをする仕事です。日本の中小企業は全体の9割以上と言われ、雇用の7割です。そのなかで中小企業診断士の活躍が期待されています。
国家資格として認められており、さらに現代のニーズによって業務内容も多岐にわたります。例えば、「経営顧問」として、民間企業と契約を結び、経営問題の改善を目指すこと、起業向けのセミナーや講演を中心として活躍する「経営指導者」としての業務、さらに民間企業と行政をつなぐ「仲介人」、雑誌や新聞への執筆や時には著書を出版する「執筆活動」などさまざまな分野において活躍しています。
企業内で勤務する場合は、経営問題の分析改善、経営戦略の立案、人事評価、モチベーション管理などの業務を担当します。既存企業はもちろん、今後起業をするベンチャー企業も対象となります。専門的な立場から適切なアドバイスを行う専門家のため、依頼すれば大きなメリットを得ることに期待できます。

■中小企業の心強い存在である中小企業診断士
近年、企業の多様化が進み、中小企業は資金調達や人員不足、業界内での競争などさまざまな問題を抱えています。そのなかで、専門的知識を活用し、中小企業の経営をサポートする中小企業診断士は、大きく注目されています。
高度な専門的知識と実践的なコンサルティングスキルを持っているため、企業運営に関わる問題は全て解決に導いてくれます。大企業でさえも倒産というリスクを抱えた現代で、経営アドバイスを行ってくれる存在は非常に心強いでしょう。
具体的には、それぞれの企業が持つ問題に対して、その原因を追及し、解決策を立て、具体的な経営計画を立案します。さらに、企業内だけではなく、企業と行政、企業と金融機関などのパイプ役としても活躍しています。
また、業界の傾向を読み、新規事業の提案なども行うため、生き残りをねらう中小企業にとっては貴重な存在。実際に、専門家の視点から導き出される改善策は、多くの中小企業の成長を助けています。

■中小企業の問題を解決する中小企業診断士
経済産業省によると、中小企業は日本の企業のうち99.7%を占めるといわれています。この数字からも分かるように、日本の経済は中小企業によって支えられています。しかし、中小企業は、資金調達の難しさ、人員不足など、さまざまな問題を抱えており、経営難に悩んでいる企業も少なくありません。
そんな中小企業の大きな戦力となってくれるのが、中小企業診断士です。企業の経営理念や方針、特徴や強み、弱点などを分析し、専門的知識に基づいた診断からのアドバイスや事業提案をしてくれます。問題を解決し、経営をスムーズにするために、ときには税理士や社会保険労務士、弁護士などの力が必要になることもありますが、その場合は、情報連携などによる橋渡しの役割も担います。
さまざまな面から提案・サポートをしてくれる中小企業診断士は、経営者にとってのよきアドバイザーであり、頼りになる存在です。問題を抱える中小企業は、依頼を検討してみてもよいかもしれません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play