• このエントリーをはてなブックマークに追加

会計士が会社設立に必要とされる理由

■法人の設立には様々な会計知識が必要となる
会社設立・新規法人の立ち上げには、事業内容以外に様々なお金に関する知識が求められます。資本金の決定や事業規模の確定、創業融資や創業補助金の申請などその内容は多岐にわたります。事業の中身や会社運営の知識は持っていても、経営に関する専門的な知識を持っていない設立者も多いものです。会計士は、このようなお金に関する側面をサポートできる存在です。
設立時に必要になる最も複雑な手続きと言えば定款の作成や登記申請でしょう。会計士に依頼することで、具体的な書類作成のアドバイスをもらうことができます。それだけでなく諸官庁への届け出を指導してもらったり、事業計画についてアドバイスをもらったりできる点も大きなメリットです。資金計画の立案から経営のシステム化まで、経営に関する事柄ならトータル的に幅広くサポートを受けることができるでしょう。
会計士は、会社設立における具体的なビジョンを提供してくれる存在と言えます。

■設立後の会計業務に関するサポートが依頼可能
会計士は会社設立時だけでなく、設立後の日常業務でも依頼を継続することで得られる恩恵が多い存在です。
会社運営を開始すれば、設立時とはまた違ったお金に関する疑問やトラブルが生じてくるでしょう。決算対策や税務申告に関する問題、資金繰りなど様々なケースが考えられます。小規模の会社の場合は、経理担当を設立者が兼任しており、財務諸表の作成に苦労することもあるでしょう。
会社設立の依頼をした会計士であれば、そんな時スムーズにバックアップを行ってくれるはずです。事務所によっては会社設立のプランの一環として日常業務など多方面でのサポートが含まれている場合もあります。
設立時から依頼をしている会計士は会社の背景や内部事情を深く理解しているため、各トラブルにおいて最適なアドバイスをもらえるでしょう。日常的な会計業務、税務業務のサポートから会社全体の経営に関する助言指導までもらうことができるのは、企業にとっても大きな強みとなります。
経営面のプロフェッショナルは、会社運営上で必要な存在です。

■長期的な視野で最適なアドバイスをもらえる
会社の設立時、会計士には登記の手続きを代行してもらうことが可能です。登記は専門的な知識が必要となる難しい申請。最も複雑な部分を任せることで、設立者はその分の手間や労力、そして時間を他の業務や準備に回すことができるでしょう。忙しい設立者にとって、これは大きなメリットとなります。
しかしそれだけでなく、会計士の存在は長期的な視野で見た際に重要な位置にあると言えるでしょう。会計のシステム化・効率化や、節税対策、コスト削減において日常的に最適なアドバイスをもらえることは、会社の経営上とても大切なことです。経営破綻することのないように専門的な立場から指導してもらうことは、リスクヘッジとしても効果があるでしょう。
もし会社経営の会計部分で不安がある場合には、設立時から会計士へ依頼をしておくと安心できるはずです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play