• このエントリーをはてなブックマークに追加

経営アドバイザーとは

■一般的な経営アドバイザーの種類
経営アドバイザーとは企業に対し、経営に関する助言を行う職種です。主に各職業にて経験やノウハウを築いてきた人が多い業界となっています。
アドバイザーの種類には、店舗や農業、IT経営に関係するものがあります。それぞれお店に対するアドバイスや各業種の専門家として携わる点が特徴です。
・店舗経営アドバイザー
主にコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで求められる職種です。各店舗を周り、商品の陳列状況や情報提供方法などアドバイスを行います。売上はもちろん廃棄ロスを減らすといった利益向上の企画を提案しています。
・農業経営アドバイザー
農業は、家業として古くから携わる方が多い職種ですが、その反面先進的な経営方法から遅れてしまっている方も少なくありません。そんな方に農業経営改革を行うのが農業経営アドバイザーです。専門家ならではの農業全体に対するアドバイスを行い、経営の健全・効率化を行います。
・IT経営アドバイザー
ITは、インターネットの普及により同じ業態の企業が急速に増え、競争が激化している業界です。IT経営に関するアドバイザーは、依頼された会社の強みや経営における弱点を指摘し、競争力を高める施策を提案するのが役割の仕事。経営の健全化や、中長期的な視野からのアドバイスが受けられます。

■経営コンサルタントとアドバイザーの違い
経営コンサルタントとアドバイザーの違いとしては、レールを作り上げて行う指導方法か、質問された事に対してレールを敷く指導方法なのか、という部分です。
コンサルタントという立場での仕事は、専門家として企業側にどのような経営戦略を行うべきなのか「独自のレール」を敷き、目標達成のためのリーダーシップを図るものだといえます。企業側はそのレールに従い業務を行うため、全てコンサルタント任せとなってしまいがちです。
それに対しアドバイザーというお仕事は、率先して行うというよりも、企業側からの疑問・質問に対し柔軟な返答を行い、「正しいレール」を敷き直す役目があります。教える立場というよりも答える立場の色が強く、経営者の理想に沿ったアドバイスを行う仕事が多いです。

■良い経営アドバイザーを選ぶには
良い経営アドバイザーを選ぶには、企業に対してより明確な助言が行える人材を選ぶ事が大切です。例えば、経営判断に役立てるための会計ができるかなどです。ただ単に節税を行うだけの会計ではなく、企業が現状抱える問題点を見極めて、状況を改善できるような会計が出来るアドバイザーが求められるでしょう。
また、誰にでもわかりやすく経営指導が行える人材も重要です。アドバイスが明確であり、経営者だけではなく管理者やスタッフなどにも意図が浸透出来るような考え方が求められる職種でもあります。
特に、起業間もないころや創業時には、人材も不足しがちなはず。こういったときに、ノウハウと専門知識を持つ経営アドバイザーを見つけることは会社の経営にとって非常に大きな効果をもたらすでしょう。

関連する基礎知識

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play