• このエントリーをはてなブックマークに追加

会社設立における事業計画書の重要性

■ビジネス成功に必要不可欠なガイドライン
経営理念は考えていても、事業計画書を考えずに起業する起業家は少なくありません。会社設立時の申請書類として必須ではなく、仕事を始めたあとで考えようという方もいるからです。しかし、投資家や融資元の担当者の間で、重要性が高い資料だと言われている理由はなぜでしょうか。

新規創業事業者のうち、10年後に残っている会社はわずか5%程度に過ぎません。また、30年後まで続くケースは、5,000社中1社程度しかないようです。行き当たりばったりで仕事をするのではなく、長く続く会社を作るためには、事業内容や将来の展望についてあらかじめ考えておくべきだと思います。

自社や競合他社の強みや弱み、業界全体の動向など、事業計画書を作成するとさまざまなデータがわかります。基本的な経営戦略策定を立案し、具体策として落とし込むことができるので、事業計画書は重要性が高いのです。

■事前のリスク察知と社内外に好影響を与える
事業計画書は3つのメリットがあることから、重要性が高い資料だと言われています。ここでは、ひとつずつ解説していきます。

まず、事業のシミュレーションができるので、ビジネスの矛盾点や不安点をあらかじめ解消できます。仮説検証のプロセスを詳細にイメージすることで、会社に起こりうるリスクを予測し、事前に防ぐことができるのです。

次に、資金調達のためのプレゼンテーションに役立ちます。融資の担当者や投資家への説明資料となるのですが、数値に裏打ちされた根拠があると、出資や融資を検討してもらえるのです。金融庁の『金融検査マニュアル』でも、実現可能性が高い事業計画書を作成している企業は、信用格付けが上がりやすいと言われています。

最後に、会社の経営方針を打ち出し、社員のモチベーション管理ができる点もメリットです。事業計画書があると、社員は会社の考えが理解できるので、高い意識を持って働けるようになると思います。

■事業展開中の会社にとっても重要性は高い
事業計画書は、会社設立前だけでなく、すでに事業を展開している企業にとっても重要性が高い資料です。事業が軌道に乗ったあと、追加で資金が必要になるケースもあります。このとき、融資や出資を受けなければ、成長する可能性が高かった事業にもかかわらず、資金難で停滞してしまうかもしれません。

好条件での資金調達を希望する方は、事業計画書を作成しましょう。借入金額を増やすだけでなく、長い返済期間や低金利での融資など、金融機関と交渉する材料になるからです。先にも述べたように、企業の信用度格付けを左右するので、融資を相談するときも有利に働くコミュニケーションツールとなります。

優れた事業計画書は社内外に好影響を与えることから、重要性が高い資料になることは明らかです。今まで事業計画を考えていなかった起業家の方は、長期的に会社を存続させるためにも作成を検討した方がよいでしょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play