• このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業診断士の必要性

■企業にとっての中小企業診断士の必要性
企業にとっての中小企業診断士の必要性とは、経営に関する幅広い視点からアドバイスが得られる点あります。経営状況が悪化している場合や、ライバル企業の著しい成長などの要因で先行きが見えなくなった際、心強い味方となるでしょう。
また、単純な経営に関する指導だけではなく、現状からの脱却や将来的なビジョンを見据えたうえで、企業に最適なプランを提示するのが中小企業診断士の重要な役割。無責任な指導を行うのではなく、時にはリスクヘッジも行いながら指導をするため、的確な指示を受けられるのです。

■中小企業診断士の具体的な仕事内容
中小企業診断士は、企業と行政とのパイプ役としての役割も果たしています。地方自治体や県などが行う中小企業に対する支援策や、その適用範囲・特徴について把握、依頼を受けた中小企業に対して最適なプランを提示することが可能です。
さらに、必要に応じて資金の貸付審査といった、財務に関する分野にも精通しているのも強みの一つです。専門家とのパイプ役を行って経営力のサポートを行います。依頼内容によっては経営状態を総合的に判断して、人材の紹介や自身の事務所からのサポートをより強めるなど、その対応能力は注目される大きな要因となっています。
もちろん、経営診断やアドバイスといった、経営コンサルティング面でのサポートは大前提です。今後の方針に関する相談をすれば、事業展開に関する提案をはじめとしたさまざまな回答が得られるでしょう。既存の会社だけではなく、これから起業を考えている方にとっても、力強いサポートになることは間違いありません。
また、企業内での業務能力を高める事を目的に、セミナーや講演会を依頼することもできます。経営に携わる人間だけではなく、企業全体に経営への意識を高めれば意欲向上にもつながるでしょう。

■中小企業診断士が中小企業にもたらすこと
中小企業診断士は、企業に対して的確なアドバイスが行えるよう、さまざまなビジネスモデルについての知見を持っています。さらに、専門的見地から経営戦略・企業目標の構築といった、中小企業に求められる提案するための分析が可能です。
このため、中小企業診断士に依頼をすれば、その会社の現在抱えている問題点や、その改善・解決のための回答が得られます。その上で、今後の成長を考えた時に有効な施策の提案や、事業の方向についての助言も求められることは、企業にとっても大きな助けとなるはずです。
また、必要に応じて人材の紹介や行政とのパイプを持つ役割も、助けとなる部分。その企業にあった人材を紹介してもらったり、今までは知らなかったような行政の支援を受けたりすることで事業が好転するかもしれません。
中小企業は、大企業とは異なり、少ない人数の最大効率化を目指して人員の配置や事業展開を行うことがほとんど。余分なところへ人件費をかけたくないと考える経営者も多いはずです。中小企業診断士はそのような状況で人材・経営の両面からサポートを行ってくれる専門家です。起業時から支援をしてもらうことで、足場を踏み外さずに経営が行えるようになるでしょう。これらのことから、企業にとって必要性の高い存在だと言えるでしょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play