• このエントリーをはてなブックマークに追加

事業計画書の作成方法と作成例

■根拠のあるデータをビジュアル化しよう
事業を成功させるには、起業家の熱意や思い入れだけでなく、計画性も大切です。そこで、ビジネスの成否について仮説検証するために、実現可能性が高い事業計画書の作成は欠かせません。しかし、どのような資料にすればよいか、書き方に悩んでいる起業家の方もいると思います。

このとき、客観的かつ論理的に事業の方向性を決めるには、何度も仮説検証を行いながら事業計画書を作成すべきです。一般的な書き方としては、図表や箇条書きを用いながら、事業内容やマーケティング戦略、資金計画などを記載します。データを用いて根拠を展開しながらも、インパクトのあるビジュアルにすると、読み手に好感を与えやすいです。

よい作成例を見ると、どのような事業計画書がよいかがわかります。決まった書き方はありませんが、さまざまな作成例を調べ、参考にするとよいでしょう。

■優れた作成例を参考にお金の計画をしよう
会社経営にはさまざまなお金がかかりますが、よい事業計画書は財務や損益も裏付けがあります。ここでは、資料のなかでもお金に関する項目の作成例を見てみましょう。

まず、事業や商品ごとの売上利益計画についてです。売上高や売上数量、粗利益を予測する項目ですが、年ごと、月ごとに考える必要があります。よい事業計画書の作成例をみると、過去の利益水準や業界の平均的な利益率など、一定の根拠に基づいて売上や利益が算出されています。

開業資金や運転資金の資金計画も、事業を行うにあたって大切な項目です。「売掛金の未払い」「仕入れの現金払い」といった仕入れ・売上に関する入金リスクがあるほか、固定費がどの程度かかるかも計算しておく必要があります。

どのようにして会社が成長するのか、政治的な背景や市場の裏付け、過去の利益率などをもとに計画している作成例は少なくありません。優れた事業計画書を見ながら作成するとよいでしょう。

■事業計画書の作成代行を専門家に依頼しよう
事業計画書を作成するとき、資金調達や営業資料など、プレゼンテーション資料を用意したいという目的がある方もいると思います。金融機関の融資担当者や投資家から、必ずと言ってよいほど求められるので、さまざまな作成例を見ながら自分なりに計画を組み立てている方もいるかもしれません。

このとき、自分で作成するよりも専門家に代行を依頼したほうが、素早く、確実な資金調達が見込める可能性があります。事業計画の数字的根拠や論理性について、客観的な視点で見ることができるからです。実際に事業計画書を作成したことがある専門家の目を通すことで、起業家の方もビジネスの矛盾点や問題点を発見し、修正を加えるきっかけが生まれます。

自分一人で事業計画を考えると、なかなか資金調達ができないという方もいるかもしれません。専門家に相談するとその原因が解消することがあるので、悩んでいる起業家の方は相談してみるとよいでしょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play