• このエントリーをはてなブックマークに追加

事業計画書作成の注意事項

■市場へ参入する理由を強調しよう
説得力のある事業計画書の作成が進まず、頭を抱えている起業家もいると思います。また、金融機関への融資や投資家への出資など、資金調達が突破できずに悩んでいる方もいるかもしれません。実は、作成時にはいくつかの注意事項があり、その問題点が解消されないと、誰からも納得してもらうことはできません。

まず、事業計画を立ち上げるとき、自社が参入する市場の魅力を表現する必要があります。このとき、市場環境について起業家の方の思い入れを語るだけでは、資料の説得力は乏しいです。政治経済の動向、大衆の関心など、客観的なデータを検証するとよいでしょう。

データを集めるときの注意点は、収集した資料を羅列しないことです。本当に必要なデータだけを抜き出して図やグラフにすると、プレゼンテーションの際にも読み手もイメージしやすくなります。市場動向を分析し、ビジネスが成功するものであると結論付け、事業計画のなかで主張することが大切です。

■事業コンセプトの伝え方に注意しよう
価値の高いビジネスであるとアピールするには、事業概要や事業コンセプトの魅力を、読み手に伝える必要があります。起業家の想いを込めやすい部分だからこそ、作成するときの注意事項もあります。簡潔に説明する方法は、「誰に、何を、どのように提供するのか」を考えることがポイントです。

事業計画書のうち、事業概要や事業コンセプトは、起業家の方の思い入れが入りやすい部分だと思います。しかし、第三者が読んだときに、「なぜ、どのようなものを、誰に提供するのか」が見えづらくなるケースも考えられます。ターゲットや販売するものを絞り、その理由について考えることがよいコンセプトを考えるポイントです。

事業概要や事業コンセプトは、経営戦略方針のポイントであり、事業計画書を読む人を惹きつけるフックとなります。事業の根幹を成すアイディアをアピールするポイントなので、起業家の熱意を損なわず、かつ、客観的に伝えるようにしてください。

■長期的に利益が出るための流れを説明しよう
事業計画書を作成する際の注意事項として、どこまで事業が継続する見込みがあるかという点も挙げられます。特に、金融機関の担当者や投資家など、事業を支援してくれる方に対するプレゼンテーション資料とするのであれば、長期間展開できるビジネスモデルであると伝えなければなりません。

事業の継続性を見るポイントは、「ヒト」「モノ」「カネ」に分かれています。それぞれの流れが明確かつ、安定しているビジネスは客観的に見て信頼されやすくなります。事業に影響を与えるトラブルが起きたときでも、流れがわかっている会社や起業家の方は、代替案を考えられると判断されることもあるのです。

市場へ参入する理由、事業概要やコンセプト、ビジネスの流れに注意すると、事業計画書の信頼性は高くなると言えます。これらの点に気を配りながら資料をまとめ、円滑なビジネスを行うための地盤を作りましょう。

関連する基礎知識

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play