• このエントリーをはてなブックマークに追加

融資の種類について

■政府系金融機関を利用する方法について
企業が受けられる融資の種類に、政府系金融機関があります。いくつかの種類があるので、主な金融機関を項目別にご紹介しましょう。
まずは、国民生活金融公庫です。別名、国金や国民公庫と呼ばれており、金融機関などからの借入が難しい企業であっても、税金を元に融資を受けられます。借入の種類は、普通貸付のほか、振興事業貸付に扱う生活衛生資金貸付などがあります。
国民生活金融公庫よりもさらに高額の資金が必要となる場合は、中小企業金融公庫の利用がおすすめです。名前の通り、ある程度の規模に成長した中小企業を対象にしているため、企業における信用度が貸付の条件となっています。
次に、組合への加入が貸付の条件である商工組合中央金庫です。商工組合中央金庫が出資する協同組合や商工組合など、いずれかの構成員でなければ融資は受けられません。相談だけであれば、構成員でなくとも可能なので、興味がある方は問い合わせからはじめてみましょう。
以上、三つが一般企業の利用しやすい機関です。国が関わる銀行なので、信用度は高く、とても安全です。民間金融機関より金利が低いという特徴もあるので、選択肢の一つとして検討すると良いでしょう。

■信用保証は設立間もない会社の味方
政府が関わる金融機関以外にも、信用保証協会が保証する信用保証付き融資があります。金融機関との関係が浅い企業にとって、この信用保証は大きな役割を果たします。日本各地にそれぞれの信用保証協会が用意されているため、事務所のある地域から一番近い場所で相談すると良いでしょう。
保証付き融資の特徴に、立て替え払いという融資の種類があります。万が一、借主からの借入返済が滞った場合に、借主の代わりに信用保証協会が立て替える制度です。悪用されると非常に危険な契約でもあるため、審査基準などは細かく設定されています。
保証が受けられる条件は、資本金や従業員数など、会社規模が一つの物差しです。金融業や農林漁業は保障対象外となるので、注意してください。ほかにも、各業種によって定められた条件があるため、自社はどの条件に該当するかをあらかじめ確認しておきましょう。

■ノンバンクによる事業者ローンについて
手間無く、円滑に資金調達を行いたい事業者は、ノンバンクによる事業者ローンをおすすめします。 ノンバンクは、銀行などと異なり、預金業務や為替業務を行わず、融資業務のみを取り扱う会社を指します。いわば借入専門の金融企業と言えます。
一般的な銀行の運営方法は、預金で集めた資金を扱い、企業や個人などに融資を行いますが、ノンバンクは個人からではなく、銀行からの借入金を資金として扱い、企業や個人に対し、無担保での借入を行う点が特徴です。
ノンバンクは借入までの時間が短い分、ほかの金融機関と比べて金利が高いです。早急な資金調達が必要な場合には便利ですが、長期的な資金管理を考える場合は、避けたほうが無難でしょう。別の金融機関では借入ができない場合の、緊急用として考えるのが良いかもしれません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play